大人ニキビ&脂性肌さんにオススメのクレンジングをご紹介!ニキビの原因まで深掘り解説します◎

2021年4月15日

先におすすめ商品の解説を見る

みなさんこんにちは、美容アイテムの成分オタクのはるねむです!

今回お話するのは、脂性肌やニキビなどにお悩みの方におすすめのクレンジングについてです◎

・脂っぽい肌に合うクレンジングってどんなものがあるの?
・ニキビになりにくいクレンジングってどんな成分を選べばいいの?

という疑問や、

・そもそもニキビってどうして出来るの??
・ニキビを悪化させないクレンジング方法があるなら知りたい!

といったニキビのあるあるお悩みまでわかりやすく解説していきますので、ぜひ一緒に勉強していきましょう~!◎

はるねむ

執筆者:はるねむ

メイク/スキンケアアイテム、医薬品、サプリメントを愛する元ドラッグストア店員。30代多趣味オタク主婦。医薬品販売に必要となる登録販売者資格を所持。
アラサーを機に突如として敏感肌になり、お肌に合うアイテムを探し回っている。

【ニキビのメカニズム】そもそもニキビってどうして出来るの?!

肌を見つめる女性の写真

はるねむ
何事もまずは基礎から!ということで、最初はニキビについての基礎的なお話をしていきましょう◎

ニキビが一体どんな原理で肌に現れるのか、その特性を知っておくことも改善に向けての大切な一歩です。

ニキビは「尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)」という、お肌の病気

いろんな種類のニキビのイラスト

ニキビというと、思春期の頃にTゾーン中心にぽこぽこっと出来る『赤っぽいできもの』をイメージされる方も多いかもしれません。

大人になってから出来るニキビについては、いわゆる『吹き出物』『大人ニキビ』と呼ばれていますよね。

意外と知られていないことですが、実は肌に起きた炎症という点では、どれも【尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)】という同じ皮膚炎に分類されます。

皮膚上の炎症。つまり、れっきとした肌の病気なのです

対処法を間違えると治るどころか炎症が悪化し、最悪の場合一生肌に痕が残ってしまうこともありますので、一緒にしっかり勉強していきましょうね!

ニキビが出来るメカニズムとは?

では次に、ニキビがどのようにして出来てしまうのかを解説します!

とっても簡単に言うと、

ニキビのメカニズム解説のイラスト

  1. 毛穴の中に分泌された皮脂が少しずつ溜まっていく
  2. 毛穴の出口がふさがっていたり、皮脂が過剰に分泌されると、正常に排出されず中が圧迫されていく
  3. 出口を失った古くなった皮脂や増殖したアクネ菌により炎症が起き、真っ赤なニキビになる

という流れでニキビが出来てしまうわけなんです。

はるねむ
出口を失った皮脂たちが、毛穴の中でおしくらまんじゅうをしている、というとイメージしやすいかもしれません。

毛穴の出口が詰まり、溜まった皮脂で白くぽつっと腫れたものを『コメド(面ぼう)』と言います。

はるねむ
『コメド』というワードは美容好きの方ならよく目にするかもしれませんね!

これはまだ炎症が起きる前段階のニキビの赤ちゃんで、いわゆる白ニキビや黒ニキビの状態。

しかし、皮脂が詰まって風通しも悪く、ジメっとベタっとしたコメドの中は、アクネ菌にとって繁殖に適した、いわば楽園状態……!!

こうして毛包内でどんどん菌が増殖していき、自身の免疫細胞が菌と戦って炎症を起こすことによって、赤みや痛みを伴う赤ニキビへと変わっていくんです!

ニキビのメカニズムと種類のまとめ

  • ・ニキビは尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)という肌の病気の一種
  • ・主な原因は過剰な皮脂分泌による毛穴の詰まり
  • ・コメド=毛穴の出口に詰まった皮脂が白く膨れて見えるもの
  • ・ニキビの炎症には白、黒、赤、黄の4タイプがあり、悪化する前に鎮静化することが大切

はるねむ
大人ニキビやバリア機能の乱れによる肌/毛穴トラブルについての関連記事も書いています◎
市販のニキビ治療薬を購入する際にとっても役立つオススメの成分解説もしていますので、ぜひ併せてチェックしてみてくださいね!

はるねむ
こちらはニキビ肌さんにもオススメのシカクリームをじっくり解説した関連記事です◎
オススメアイテムの紹介に加え、意外と知られていないシカクリームの成分についても解説しておりますので、ぜひご覧ください!

【クレンジングの必要性】ニキビ肌にとってクレンジングは重要

頬に手を添える女性のアップ写真

ニキビの原因がわかったところで、お次はクレンジングとの関係についてお話しましょう。

メイク後の丁寧なクレンジングが健康的なお肌を保つために必須、ということは読者の皆さんもご存知だと思いますが、ニキビ肌さんにとっても欠かせないものだということは意外と知られていません。

大前提として、ニキビの炎症が酷く長引いている場合はメイクを少しお休みして、なるべく肌を刺激しないことも重要なのですが、ずっとすっぴんで外出するのも難しいですよね……!

はるねむ
この章では、ニキビの出来やすい肌質とクレンジングがどういった関係にあるのかわかりやすく解説していきます◎

毎日のクレンジングで肌の汚れをしっかり落とすことが大切!

私たちは毎日化粧水や乳液などでスキンケアをしていますが、実は肌自身からもうるおいを保つ『天然の保湿クリーム』が分泌されているんです。

皮脂腺などの解説イラスト

図のように、皮脂腺や汗腺から分泌された皮脂と汗は肌の表面で混ざり合い『皮脂膜』を作り出し、この膜が肌を覆うことによって水分の蒸発をぎ、うるおいを保ってくれています。

ですが、この皮脂膜も時間が経つごとに酸化したり、さらに空気中の塵やメイクと混ざることでドロッとした汚れに変化することも……

こういった肌に張り付いた脂っぽい汚れを毎日のクレンジングで落としてあげることが、ニキビや肌荒れを防ぐことにも繋がるんです。

はるねむ
汚れで毛穴が詰まってしまう前に、キレイサッパリ洗い流すことが大事なんですね!

【タイプ別解説】ニキビ肌に合うクレンジングの選び方とは?

白いクレンジングボトルの写真

ここまではニキビのメカニズムについてお話してきましたが、この章からは『ニキビ肌さんにオススメのクレンジング』について解説をしてきたいと思います◎

具体的なアイテムを紹介する前に、まずはクレンジングの種類について触れていきましょう。

はるねむ
それぞれのクレンジング剤の特徴を理解すると、その日のメイクやお肌の調子に合わせて選ぶことが出来たりと便利なんですよ◎

クレンジング剤を5タイプに分けて解説!

今現在主流になっているクレンジング剤は、大きく分けて

  • オイルタイプ
  • バームタイプ
  • ジェル/リキッドタイプ
  • クリームタイプ
  • ウォータータイプ

の5タイプに分類することが出来ます。

それぞれの特徴や向いている肌質をまとめてみました、下図をご覧ください。

はるねむ
乾燥肌・脂性肌など、肌質によってニキビに発展しづらいクレンジングは変わってきます。
ご自身のお肌に照らし合わせてみてくださいね◎
特徴 こんな人にオススメ
オイルタイプ ・クレンジング力抜群
・油分ベース
・オイルなので、皮脂との混ざりが良い
・洗い流す前に乳化作業が必須
・メイクとの馴染みは早い
・まつエクとの相性は×
・特に毛穴詰まりが気になる方
・しっかりメイクをされる方
・手早くクレンジングしたい方
・ある程度肌が強い方(敏感肌向けも有り)
・普通肌~脂性肌の方
バームタイプ ・クレンジング力抜群
・油分ベース
・オイルなので、皮脂との混ざりが良い
・洗い流す前に乳化作業が必須
・体温で馴染ませてからはメイクとの馴染みが早い
・まつエクとの相性は×
・毛穴詰まりが気になる方
・しっかりメイクをされる方
・ポイントメイクもまとめて落としたい方
・ある程度肌が強い方(敏感肌向けも有り)
・普通肌~脂性肌の方
ジェル/リキッドタイプ ・クレンジング力はオイルに次いで強い
・水分/油分ベースどちらもある
・とろみがあるため肌に密着しやすい
・洗い流す前に乳化が必要なものもある
・メイクとの馴染みは早め
・ナチュラルメイク~しっかりメイクをされる方
・液だれを気にせずクレンジングをしたい方
・オイルフリーのものはまつエクにも安心
・乾燥肌~普通肌の方
クリームタイプ ・クレンジング力は中くらい
・水分/油分ベースどちらもある
・敏感肌の方にもやさしい使用感
・メイクと馴染むまでに少し時間がかかる
・ナチュラルメイク~ノーマルメイクの方
・肌へのやさしさにこだわりたい方
・たっぷり時間をかけてクレンジングしたい方
・乾燥肌~普通肌の方
ウォータータイプ ・クレンジング力は中くらい~強
・水分ベース
・さっぱりとした使用感
・拭き取りタイプが多い
・メイクとの馴染みは早い
・ナチュラルメイクの方
・軽い使用感が好きな方
・手早くクレンジングをしたい方
・まつエクをしている方
・普通肌~脂性肌の方

このように、特に毛穴詰まりが気になる方には

オイルクレンジング
ジェル/リキッドクレンジング
バームクレンジング

をオススメします!

特に脂性肌さんの場合、毛穴に皮脂が詰まってニキビ化する前にケアするのが重要ですよ~!

「オイル系のクレンジングを使うと逆にニキビが出来やすい気がする…」
という方は、オイルフリーのジェルタイプなどを使ってみてくださいね◎

はるねむ
みなさんの肌質や使用感の好みはどれに当てはまりましたか?
ナチュラルメイクの方でも『毛穴詰まりが起こりやすい鼻や口周りだけオイルで落とす』という部分使いも出来ますので、それぞれのお肌に合った方法でお試しくださいね◎

ニキビ肌にオススメのクレンジングタイプまとめ

ニキビ肌にオススメのクレンジングタイプまとめ

  • ・オイル系でニキビが出来やすい場合は、リキッドなどに多いオイルフリー処方の物を選ぶ
  • ・鼻や顎の角栓や毛穴詰まりが気になる場合は、その部分だけやさしくオイルマッサージするのも◎
  • ・クリーム/ミルク系のクレンジングはメイク残りしやすいため、丁寧に肌全体に馴染ませる&必ず乳化してから洗い流す

【オススメ成分解説】ニキビになりにくいクレンジング成分ってあるの?

グリーンのスキンケアボトルの写真

お次に解説するのは、『ニキビになりにくいクレンジング成分とはどんなものか?』というお話です。

荒れやすい肌質の方にもやさしく、それでいてニキビのモトにもなりづらい成分はどれくらいあるのでしょうか?

この章では、そういったニキビ肌さん向けのクレンジング成分についてを解説いたします◎

キーワードは、非イオン系界面活性剤

さてタイトル通り、ニキビ肌さんにオススメのクレンジング成分はズバリ【非イオン系界面活性剤】

はるねむ
『え、界面活性剤って洗剤に入ってるっていうアレ?!身体に悪いんじゃないの…??』
と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、汚れを落とすという意味合いでは洗顔やクレンジングにも欠かせない成分なんですよ◎

ニキビ肌さんに合うクレンジング剤をわかりやすく表現するとしたら、

ニキビ肌さんが選ぶべきクレンジング剤の特徴

  • 低刺激なもの
  • しっかり汚れを落とすことが出来るもの
  • 香料やアルコールなどがあまり入っていないもの

ということが重要なんです!

このことから、荒れやすい肌質である敏感肌さん向けの洗浄アイテムと通じるものがとても多いんです。

では具体的にどういった洗浄成分が良いのかと言うと、

オススメのクレンジング成分

  1. トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル
  2. イソステアリン酸PEG-3グリセリル
  3. ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル
  4. PPG-14ジグリセリル

これらがメインの洗浄成分として使用されている製品は、比較的刺激が少ないという目安になります◎
(※あくまで洗浄成分からみた刺激性)

「気になるクレンジングがあるけど、どんな成分が入ってるのかちょっと気になるなぁ…」

という方は、上記の洗浄成分が配合されているかを、購入前に商品パッケージや公式サイトなどで確認すると安心ですね!

ノンコメドジェニックテスト済みのアイテムは安心感アップ!

クレンジングアイテムを選ぶ際さらに参考になるのが、メーカーによる製品テストの結果です。

商品説明欄やパッケージに、

  1. ノンコメドジェニックテスト済み
  2. アレルギーテスト済み
  3. スティンギングテスト済み

など表記されているものを選ぶのも良いでしょう◎

ノンコメドジェニックテストとは?

ニキビが出来にくい成分かどうかをテストすること

アレルギーテストとは?

パッチテストなどで肌への刺激性やかぶれにくさなどをテストすること

スティンギングテストとは?

主に敏感肌の方に向けて、ピリピリ・ヒリヒリといった刺激性を感じないかをテストすること

はるねむ
各メーカーさまざまなテストを重ねて、肌への刺激性などをテストしているんですね!
新しいアイテムを取り入れる際は、ぜひこういった項目もチェックしてみてください◎

ニキビになりにくいクレンジング成分まとめ

ニキビ肌にオススメのクレンジング成分まとめ

  • ・低刺激な「トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル」や、「ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル」などが配合されているものを選ぶ
  • ・ノンコメドジェニックテスト済み製品や、アレルギーテスト済み製品を選ぶ
  • →購入前に公式サイトや商品パッケージで成分欄をチェック!

【オススメアイテム解説】ニキビ肌さんにオススメのクレンジング5選!

スキンケアする女性の写真

お待たせしました、ここからはニキビ肌さんや脂性肌さんにオススメのクレンジングアイテムをご紹介していきます!

はるねむ
こだわりの成分/処方でありながら、試しやすいプチプラ価格帯のものをピックアップしてみました◎
ではご覧ください~!

キュレル 潤浸保湿ジェルメイク落とし【医薬部外品】

キュレルの商品写真

<タイプ:ジェルタイプ>

通常価格 1,100円(税込)(Amazon調べ)
内容量 130g
実施テスト アレルギーテスト済み
乾燥性敏感肌の方の協力によるパッチテスト済み
全成分

+ 全成分を表示

グリチルリチン酸ジカリウム(※)、ソルビット液、トリ(カプリル・カプリン酸)グリセリル、グリセリン、POEオクチルドデシルエーテル、水、流動イソパラフィン、ジメチコン、イソノナン酸イソノニル、BG、イソプロパノール、ジステアリルジモニウムクロリド、パラベン
(※は「有効成分」、無表示は「その他の成分」)

乾燥性敏感肌ケアでおなじみのキュレルのクレンジングは、プチプラながらとっても優秀!

弱酸性・無香料・アルコールフリーな上、アレルギーテストや敏感肌の方のパッチテスト済みということで安心感もあります。

さらに、医薬部外品ということで有効成分として肌荒れやニキビを防ぐ【グリチルリチン酸ジカリウム(抗炎症成分)】も配合

ぷるんとしたジェルはメイクとの馴染みも良く、やさしい洗浄成分で刺激性が低いだけでなく、洗いあがりの乾燥も防いでくれます

キュレル 潤浸保湿ジェルメイク落としの選ぶポイント

  • インナードライから来る脂性肌・ニキビ肌の方にgood
  • ニキビや肌荒れを防ぐ抗炎症成分配合
  • 弱酸性・無香料・アルコールフリーである

+ 口コミを見る

ナチュラルメイクなら十分落ちます!
【10代女性】
学生の頃からスキンケアはキュレルでライン使いしています。
せっかくなのでクレンジングもキュレルに変えてみましたが、最初はどれくらいメイク落ちするか少し心配でした。
実際使ってみたら、ナチュラルメイクなのもあってスルンと1度で落ちました!

ピリピリする感じも無いので肌にもやさしいと思います。
敏感肌にやさしい
【20代女性】
敏感肌のため選べるメイク用品や化粧水などが限られるのですが、キュレルは沁みることもなく安心して使用できます。

ドラストで1000円くらいで買えるのでずっとリピしています。
マイルドな使用感
【20代女性】
ジェルタイプでベタつきも無く、メイクも特に困ることなく落ちてくれます。
合わないものを使うと肌が赤くなったりピリっとするんですが、これは今のところ一度もトラブルが起きていません。

安いししばらくリピ買いしようと思います。

購入先

  • 市販:ドラッグストア、コスメショップ、バラエティショップなど
  • 通販:Amazon楽天

オードムーゲ メイク落としジェル

オードムーゲの商品写真

<タイプ:ジェルタイプ>

通常価格 1067円(税込)
(希望小売価格970円/税抜)
内容量 130g
実施テスト アレルギーテスト済み
全成分

+ 全成分を表示

水、ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル、BG、ラウリン酸ポリグリセリル-10、ペンチレングリコール、グリチルリチン酸2K、キダチアロエ葉エキス、ハトムギ種子エキス、グリセリン、PG、PEG-75、シクロヘキサン-1,4-ジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、エチルヘキシルグリセリン、カルボマー、水酸化Na、ペンテト酸5Na、エタノール、トコフェロール、フェノキシエタノール、香料

ニキビや肌荒れケアの超ロングセラーブランド、オードムーゲには実はクレンジングジェルもあるんです、ご存知でしたか?

やさしい洗浄成分で構成されており、抗炎症成分である【グリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K)】を配合

さらに健やかな肌に導く美容成分として、保湿力にすぐれた【キダチアロエ葉エキス】や【ハトムギ種子エキス】も配合されており、洗いあがりのつっぱり感を防ぎます。

オイルフリーなので、油分の多いクレンジング剤が合わない方にもオススメですよ◎

オードムーゲ メイク落としジェルの選ぶポイント

  • やさしい洗浄成分&オイルフリー処方で脂性肌の方にgood!
  • 抗炎症成分や植物由来のエキス配合で、肌荒れを防ぎつつ保湿の効果も
  • クレンジング剤~スキンケアアイテムまでラインで揃えてもお財布にやさしい

+ 口コミを見る

ニキビにはオードムーゲ!
【20代女性】
実家で母や祖母が使っていたのもあって、大人になってもずっとオードムーゲシリーズを使い続けています。
メイクの洗い残しがあるとすぐニキビが出来るんですが、このクレンジングと拭き取りをすればかなり荒れる頻度が減りました。

白ニキビ対策にはもうこれしか使えません!
メイク落ちも良いしつっぱらない
【20代女性】
ニキビが出来やすく、かなりのオイリー肌です。
このジェルは伸びも良くて、洗いあがりもさっぱり。オイルフリーなのでマツエクをしていても使えるところがうれしいです。

乾燥肌の人にはちょっとさっぱりし過ぎるのかもしれませんが、オイリー肌にはちょうどいいです。
ずっとリピしてます
【30代女性】
オイルだとベタつき、ミルクやクリーム系はメイク残りが気になるので、ずっとジェルタイプのこちらの商品を使っています。
メイクもあまり濃くないからか普通に落ちますし、洗い流した後にぬるつきが残らないのが良いです。

肌荒れ予防になればと、もう何年も洗顔と併せてラインで使ってます。

購入先

  • 市販:ドラッグストア、コスメショップ、バラエティショップなど
  • 通販:Amazon

オルビス クレンジングリキッド

オルビスの商品写真

<タイプ:リキッドタイプ>

通常価格 1,467円(税込)
内容量 150ml
実施テスト アレルギーテスト済み
ノンコメドジェニックテスト済み
全成分

+ 全成分を表示

DPG、水、トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル、イソステアリン酸PEG-20グリセリル、ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル、ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン、ジイソステアリン酸PEG-12、ステアリン酸PEG-45、グリセレス-12、イソステアリン酸PG、シクロペンタシロキサン、プロパンジオール、グリチルリチン酸2K、セリン、グリシン、アラニン、ヒアルロン酸Na、ローズマリーエキス、BG、クエン酸、クエン酸Na、トコフェロール

シンプルケアで人気のオルビスのクレンジングリキッドは、ノンコメドジェニックテスト済み&アレルギーテスト済みで、ニキビや肌荒れにお悩みの方にもとっても安心◎

洗浄成分も低刺激の物で揃えられており、さらには無香料・無着色・オイルフリーというお肌にうれしい処方!

抗炎症成分の【グリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K)】に、保湿にすぐれた【ヒアルロン酸】などの美容成分が30%も配合されています。

プッシュボトルタイプなので手が滑りやすいお風呂場でも使いやすく、利便性の高さもgood!

オイルフリーなのでマツエク使用中の方にもオススメです◎

オルビス クレンジングリキッドの選ぶポイント

  • やさしい洗浄成分&オイルフリー処方で脂性肌の方にgood!
  • ノンコメドジェニックテスト済みで、抗炎症成分や美容成分もたっぷり配合
  • 使いやすく、シンプルかつオシャレなボトルデザイン

+ 口コミを見る

さっぱりした洗い心地
【20代女性】
重い使用感のクレンジングが苦手で、長年リキッドや拭き取りタイプを使用しています。
オルビスのリキッドは口紅などのポイントメイクもちゃんと落としてくれるし、洗い流したあとも全くベタベタしないので大好きです。

オイルカット処方なのにここまでメイク落ちが良いのは驚きです。
オルビスは安心して使えます
【30代女性】
元々肌が荒れやすかったのですが、オルビスの商品は肌に合うようでスキンケア用品や化粧品は全てオルビス製品で統一しています。
主に夏場に使っています。とてもサッパリしますよ。

冬場は乾燥するとかゆみが出てしまうので、クリームタイプと併用しています。
プチプラクレンジングの中ではかなり良い
【30代女性】
年齢的に乾燥が気になるのですが、オルビスのクレンジングはつっぱりにくくて愛用しています。

CMでよく見かける某メーカーのオイルクレンジングを使ったところ、ものすごく乾燥してしまったので、何度も浮気しては結局戻ってきてしまいます(笑)
美容液は高いものを使いたいので、クレンジングや洗顔がプチプラで揃えられるのはオルビスの良いところですね。

購入先

  • 市販:オルビスショップなど
  • 通販:Amazon

トランシーノ 薬用クリアクレンジングn【医薬部外品】

トランシーノの商品写真

<タイプ:クリーム/オイルタイプ>

通常価格 1,800円(税込)
内容量 120g
実施テスト アレルギーテスト済み
全成分

+ 全成分を表示

グリチルリチン酸2K(※)、トレハロース硫酸Na、ポリメタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン液、アスコルビン酸2-グルコシド、モクツウ抽出液、水、ペンチレングリコール、エチルヘキサン酸セチル、炭酸ジカプリリル、流動パラフィン、BG、サラシミツロウ、ステアリン酸PEG、イソステアリン酸POEグリセリル、イソステアリン酸PEG、ステアリン酸ソルビタン、SEステアリン酸グリセリル、軽質流動イソパラフィン、シクロペンタシロキサン、ベヘニルアルコール、カルボキシビニルポリマー、ビタミンE、水酸化K、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、ジエチレントリアミン5酢酸5Na液、メチルパラベン、プロピルパラベン
(※は「有効成分」、無表示は「その他の成分」)

美白ケア用品で絶大な人気を誇るトランシーノですが、クレンジングにも独自のこだわりが詰まっています。

まず、抗炎症成分である【グリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K)】は、肌荒れ防止効果が期待できます。

さらに、肌の透明感を底上げしてくれる【アスコルビン酸2-グルコシド(ビタミンC)】、保湿力に非常に優れた【モクツウ抽出液(アケビアエキス※)】などを配合
(※果物のアケビのつる状の茎から抽出したエキス)

今回ご紹介した他のクレンジングより少し高めの価格ですが、全体の70%が保湿クリーム成分というリッチさで、洗いあがりはしっとり。

ちなみにテクスチャはクリーム状ですが、体温でとろけるとオイル状に変化していきます。

また、低刺激処方というだけでなく、無香料・無着色・アレルギーテスト済みなので、
「肌にやさしい処方で、ついでにニキビ跡ケアや美白ケアもしたい!」
というちょっぴりワガママなお願いを叶えてくれる成分構成となっています◎

トランシーノ薬用クリアクレンジングnの選ぶポイント

  • リッチな保湿成分で洗いあがりはしっとりもちもち
  • 低刺激かつ、保湿や美白効果のあるクレンジング剤を使いたい方にgood!
  • 部分的に乾燥肌と脂性肌が混在している方(いわゆる混合肌)にも

+ 口コミを見る

本当に保湿クリームみたい
【20代女性】
鼻はテカるのに頬が粉をふくほどの混合肌で、さっぱり系のクレンジングは肌に合いません。
トランシーノのクリームクレンジングは伸びもよくて、リキッドほど垂れても来ないのですごく使いやすいです。

しっかり乳化する必要がありますが、今のところメイク残りが気になったことはありませんし、仕上がりもしっとりしています。
しっとり明るい肌に
【30代女性】
乾燥による肌荒れや吹き出物に悩んでいたとき、美容部員さんにお勧めされて購入しました。
こっくりとしたクリームで、クレンジング後に洗顔をしてもしっとり感が残るほど。

他のトランシーノの商品を併用しているからかもしれませんが、以前よりどんよりした黄ぐすみが減った気がします!
年齢肌にもやさしい使い心地
【40代女性】
トランシーノからクレンジングが出ていたことを最近知って、興味本位で使い始めました。
使ってみてびっくり。以前使用していたクレンジングとは大違いで、洗い流した後もちっとした手触りに!

アラフォーの肌にもやさしく馴染んでくれて、ナチュラルメイクであればしっかり落ちてくれました。

購入先

  • 市販:ドラッグストア、コスメショップなど
  • 通販:Amazon楽天

アクネスラボ 薬用クレンジングジェル【医薬部外品】

アクネスラボの商品写真

<タイプ:ジェルタイプ>

通常価格 1,272円(税込)(Amazon調べ)
内容量 100g
実施テスト 敏感肌の方の協力によるパッチテスト済み
全成分

+ 全成分を表示

グリチルリチン酸ジカリウム(※)、1,3-ブチレングリコール、カルボキシビニルポリマー、ポリオキシエチレンヤシ油脂肪酸グリセリル、モノラウリン酸ポリグリセリル、1,2-ペンタンジオール、天然ビタミンE、水酸化ナトリウム、ヒドロキシエタンジホスホン酸液、フェノキシエタノール、グリセリンモノ2-エチルヘキシルエーテル、ヒオウギ抽出液、無水エタノール
(※は「有効成分」、無表示は「その他の成分」)

爽やかなブルーのパッケージが目を引くアクネスラボの商品は、長年皮膚を研究してきた皮膚科医との共同開発で作られているんです◎

様々な肌トラブルを起こしやすい敏感な大人の肌のための成分構成となっており、有効成分である抗炎症成分【グリチルリチン酸ジカリウム】だけでなく、ヒオウギ抽出液からなる【和漢植物イソフラボン】配合で、ニキビや湿疹などの肌荒れを予防してくれます。

また『赤ちゃんの肌でも使えるくらいのやさしい処方』というだけあり、合成香料無配合・無着色・無鉱物油・パラベンフリー・シリコンフリーのこだわりっぷり。

テクスチャは若干白濁したジェルで、メイクに良く馴染み、洗いあがりもうるおいたっぷりな肌触りに。

同シリーズの洗顔フォームや化粧水も1,000円台で購入出来るため、ラインで揃えやすくなっています。

アクネスラボではこちらのシリーズだけでなく、思春期ケア用アイテムも販売されているので、ぜひ年齢に合わせて使い分けてくださいね◎

アクネスラボ 薬用クレンジングジェルの選ぶポイント

  • 抗炎症成分だけでなく、和漢植物由来のイソフラボンなどが配合されている
  • 大人ニキビや肌荒れに悩む方に特にgood!
  • プチプラでスキンケアアイテムをライン買いしたい方にも◎

+ 口コミを見る

洗いあがりの手触りが良い
【20代女性】
某人気ミルククレンジングに似た質感で、洗い流した後も少ししっとりした感じが残ります。
効果があればいいな~~くらいの気持ちで使っていたんですが、いつの間にかぽつぽつした吹き出物が減っていて驚きました。

香りもほとんど無いので個人的にはかなり気に入りました!
すごく肌にやさしい
【20代女性】
敏感肌でもピリピリすることなく使えて、もう何本もリピしています!

少し濃いめのメイクでもしっかり落ちてくれるので、メイク残りによる荒れが起きず安心して使えます。
洗った後もつっぱらないので、乾燥も防げているのかな?と思います。
ニキビがかなり落ち着きました
【30代女性】
アラサーになった途端に突然肌荒れしやすくなり、ニキビにも悩まされました。
アクネスラボの商品を使うようになってからはかなり症状が落ち着き、もう何ヶ月も使用していますが赤くなったこともありません。

いきなり体質が変わってスキンケアジプシーをしていましたが、今はアクネスラボのおかげか肌トラブルを減らせています。

購入先

  • 市販:ドラッグストア、コスメショップなど
  • 通販:Amazon楽天

【ハウツー】ニキビを悪化させない正しいクレンジング方法とは?

肌荒れに悩む女性のイラスト

さて、ここまでニキビの原因や選ぶべき洗浄成分、そしてオススメのクレンジングアイテムをご紹介してきましたが、この章では『ニキビを悪化させない正しいクレンジングの方法』について解説していきます!

はるねむ
肌トラブルを長引かせないためにも、正しいクレンジング方法を一緒に勉強しましょう~!

ゴシゴシは絶対NG!優しく手早く丁寧に、が美肌への近道

まずどんな肌質の方でも、洗顔やクレンジングで顔をゴシゴシと擦るのは絶対に止めておきましょう

肌を傷つけるだけでなく、色素沈着やたるみを引き起こす原因にもなってしまいますよ……!!

では具体的なハウツーを解説していきます◎

step
1
最初に落ちにくいポイントメイク類を専用リムーバーで落としておく

意外と忘れがちですが、リップやウォータープルーフマスカラなどは、クレンジングをする前に専用のリムーバーで拭きとっておきましょう

皮膚の薄い目や口の周りを余分に擦らないためにも欠かせません。

(※特に落としづらいティントなどは、ティント専用リムーバーを使うことをオススメします◎)

step
2
クレンジング剤を最初にのせるのはTゾーン

洗顔やクレンジングの鉄則として、【テカリやすいパーツから順々に馴染ませていく】ことが大切!

皮脂腺が集まっているTゾーンは、テカリやすく肌も比較的丈夫に作られています。

クレンジング剤の適量を手に取り、まずはTゾーンから指先でやさしく撫でるように馴染ませていきましょう

step
3
毛穴が詰まりやすい鼻や顎は念入りに

お次は鼻と顎です。
デコボコしている小鼻や唇の下は、意外と洗い足りないことが多いポイント

皮膚を軽く伸ばして、隅々までクレンジング剤を馴染ませましょう。

その後、頬や輪郭、生え際など細かなパーツは、手に残った分でそっと落としましょう。

目元と口元は最後に行います。

step
4
オイル系は乳化が必須!

オイル系クレンジングの場合、ぬるつきやベタつきを残さないためにも【乳化】が必須

少しずつ手にぬるま湯を取り、先ほどのクレンジングの順番で水と馴染ませていきます。

白くなって手触りが変わったら乳化完了の合図です。

オイルフリー系のクレンジングも、あらかじめ水と馴染ませておくとすすぎ時間短縮になりますよ。

step
5
最後はやさしく丁寧にすすぎ洗い

手でぬるま湯をすくうか、水圧を弱めにしたシャワーで洗い流していきましょう。

40度以上のお湯を使ってしまうと、必要な分の皮脂まで取り過ぎて乾燥を招くことに繋がるので、なるべく水温は人肌程度にしておくことがポイント!

また目元、生え際、口元などはすすぎ残しによるニキビも出来やすいパーツなので、特に念入りに洗いましょう。

はるねむ
乾燥を防ぐために、丁寧ながらも手早く行いましょうね◎
洗顔もクレンジングも、洗浄成分を肌に長く触れさせるのはダメージに繋がりますよ~!

正しいクレンジング方法まとめ

ニキビ肌さんのクレンジングハウツーとポイント

  • ・あらかじめ落ちにくいメイクはリムーバーで拭きとっておく
  • ・クレンジングの順番はテカりやすいパーツから、乾燥しやすいパーツの順
  • ・目元や口元など、立体的なパーツは洗い残しに要注意!
  • ・オイル系は乳化作業が必須!
  • ・水温は出来るだけぬるま湯で、水圧も弱めがgood
  • ・どんな肌質の人も、擦らず優しく手早く終わらせることが大切!

【まとめ】ニキビ肌・脂性肌さん向けクレンジングの選び方

はるねむ
ではここで改めてクレンジングアイテムの選び方をおさらいしましょう◎

ニキビ肌・脂性肌さんのアイテム選びのポイント

  • ・ニキビや肌荒れを防止する抗炎症成分配合のものを選ぶ
  • ・ノンコメドジェニックテストやアレルギーテスト済みのものだと安心感アップ
  • ・オイルが合わない方は、オイルフリー処方のものを選ぶ
  • ・インナードライによる皮脂分泌過多の方は、クリームタイプなどを選ぶと乾燥を防ぎやすい
  • ・ライン使いすることで有効成分や美容成分を効率よく取り入れることが可能
  • ・どんなアイテムでも、正しい方法でケアすることが大切!

はるねむ
「ニキビケア成分が入っているかな?」
「洗浄成分は低刺激のものかな?」
と、商品パッケージや公式サイトの成分欄を確認する癖をつけると、どんどん自分に合うアイテムが見つけやすくなりますよ◎

さいごに

青い花の写真

今回も長~くなりましたが、最後までご覧いただきありがとうございました!

大人ニキビや肌荒れ、脂性肌に悩んでいる方、とっても多いですよね。

読者の皆さんのお肌に合うスキンケアアイテムを見つけるお手伝いが出来ていたら、筆者もうれしいです!

困ったと時には皮膚科医などプロの手も借りつつ、ゆっくりお肌の調子を整えてあげましょうね◎

はるねむ
一緒に健やかなツルピカお肌を目指しましょう~~!
  • この記事を書いた人
はるねむ

はるねむ

メイク/スキンケアアイテム、医薬品、サプリメントを愛する元ドラッグストア店員。30代多趣味オタク主婦。医薬品販売に必要となる登録販売者資格を所持。 アラサーを機に突如として敏感肌になり、お肌に合うアイテムを探し回っている。

-ニキビ

© 2021 美肌Walker