毛穴ケアはこれだけ!開いた毛穴や黒ずみに効果的な簡単スキンケア方法

頬や鼻部分に目立つ毛穴トラブル。

開いた毛穴、たるんだ毛穴、黒ずみ、白い角栓が詰まった毛穴…

どれも深刻な肌悩みです。

そんな毛穴トラブル、みなさんも改善するために様々なケア方法を挑戦したことがあるのではないでしょうか。

しかし、どれもイマイチ効果を感じず、諦めてしまう…なんて人も多いはず。

毛穴ケアを改善するには、まず簡単なケアからでも継続的に続けることが一番大切なのです!

今回は、そんな人に向けて毛穴ケアでの重要なポイントをご紹介!

これを継続的に実践すれば、毛穴レス肌への近道も開けるかもしれませんよ。

余計なケアはしない!まずは基本のケアが見直してみよう

毎日の基本的なケアは「洗顔→クレンジング→化粧水」です。

詰まった角栓や黒ずみを取り除くために毛穴パックやピーリングを行う人もいますが、実はこの特別なケアよりも重要なのは、毎日行っているスキンケアです

毛穴トラブルが改善した人の中には、特別なケアをした訳でもなく、デイケアを変えただけ、という人も案外多いんです。

下手にケアするよりも、まずは基本的なスキンケアから見直してみることがおすすめです。

まず洗顔・クレンジングで肌を清潔に保つことが大事

そもそもなぜ毛穴トラブルが発生するのか、簡単に説明しますと…

「毛穴に溜まった古い角質や肌の汚れ、メイク残しなどが混ざり合って角栓となり、毛穴を防いでしまうから。」

まずは、原因となる古い角質や肌の汚れ、メイク残しを取り除いて、肌を清潔に保つ!これが最優先です。

洗浄力の高いクレンジングを使えば、洗顔はいらないのでは?

と疑問に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、洗顔とクレンジングは両方セットで使うことがおすすめです。

それは、洗浄する汚れが違うからです。

洗顔は主に水性タイプの汚れを落とすもの。

お肌に必要なくなった古い角質や余分な皮脂や汗、肌表面についたホコリなどを取り除いてくれます。

一方、クレンジングは主に油性タイプの汚れを落とすもの。

メイクや毛穴詰まりを落としてくれます。

毛穴トラブルを抱えた肌には、どちらとも欠かせないスキンケア。

最近では、水溶性・油性タイプの両方の汚れを落とすことが可能となるW洗顔不要のクレンジングも発売されています。

1本でメイク落としまでの工程を行うことが出来るので、肌への負担も減らすことができます。

乾燥が気になる方におすすめです。

▼W洗顔不要!D.U.O.ザクレンジングバーム
通常価格:3,800円(税抜)
初回限定価格:半額1,800円(税抜)

\美肌ウォーカー編集部も試しました!/

固形バームからとろけ出すようにスルスルと馴染んでいくテクスチャーが癖になるクレンジング。

洗浄成分が肌に不必要な汚れを落とし、ソフトスクラブ成分が古い角質を除去。

洗顔後の嫌なツッパリ感のない洗い上がりです。

D.U.O.の公式サイトで詳細を見る

拭き取りタイプのクレンジングが発売されていますが、肌へとの摩擦によるダメージが強く、肌トラブルへと繋がってしまう恐れがあります。

ゴシゴシ擦らずとも、汚れを吸着してくれるクレイ洗顔や酸素洗顔、ソフトピーリング効果を持つクレンジングを選ぶと◎

ポッカリ空いた毛穴には、たっぷりと潤いを与えること

洗顔やクレンジングで毛穴トラブルの原因を取り除く。

しかし、これだけではポッカリと空いた毛穴に、再び古い角質や肌の汚れが入り込んでしまいます。

よく、毛穴詰まりを取り除いたら悪化する、ということを耳にすることがありますが、それは開いた毛穴をケアしないから。

開いた毛穴は汚れが入り込みやすいだけでなく、乾燥しやすい状態にあります。

そのままの状態で放っておくと「毛穴開き→黒ずみ→取り除く→乾燥→毛穴開き…」という不のループ状態になりかねません。

ここで次に必要となるのが「保湿ケア」です。

ポッカリと開いた毛穴に、たっぷりと潤いを与えてフタをすることで、毛穴トラブルを防ぐことに繋がります。

さらに、水分が保持された肌は、キメが整いふっくらと盛り上がります。

つまり、開いた毛穴も目立ちにくくなるのです。

乾燥しやすい状態にある毛穴トラブルには、高い保湿成分が含まれた化粧水がおすすめです。

▼ビーグレン / Qusomeローション

通常価格:5,000円(税抜)
→初回限定毛穴トライアルセット:1,800円(税抜)

\美肌ウォーカー編集部も試しました!/

浸透力を活かしたサイエンスコスメ「ビーグレン」。

実際に肌に載せただけでも感じ取れる浸透力は優れモノ。

肌の奥まで届いてからこそ効く、とのキャッチコピーも思わず納得できてしまう高機能化粧水です。

ビーグレンの公式サイトで詳細を見る

基本的な毛穴ケアで重要なポイントをまとめてみましょう。

洗顔・クレンジングで毛穴トラブルの原因を取り除き肌を清潔に保つこと
ポッカリ空いた毛穴にたっぷり潤いを与えてキメが細かいふっくらとした肌に整えること

毛穴トラブルに直接的に働きかけるものではありませんが、肌そのものが生まれ変わることで、新たな毛穴トラブルを防ぐ、もしくは毛穴トラブルが出来にくい肌環境へと整えることができます。

他のスキンケアももちろん欠かせない工程ですが、まずこの2つが出来ていなければ、いくら高いスキンケアを使っても繰り返し毛穴トラブルが発生しかねません。

まずは、毎日行っているスキンケアを見直してみましょう。

間違った毛穴ケアは悪化原因に?!気を付けておきたいポイントを要チェック

毎日行うスキンケアだからこそ、正しく行うことが何より大切です。

もし当たり前のように毎日行っているスキンケアが間違っていた場合、効果を感じることができないどころか、毛穴トラブルを悪化させてしまうことになります。

毛穴ケアの効果を最大限に活かすためにも、毛穴ケアで注意しておきたいポイントを要チェックです!

✓ 洗顔・クレンジングはゴシゴシ擦らない

✓ シャワーで洗い流さない

✓ 泡を立てるタイプの洗顔は、専用ネットを使ってしっかりと泡を立てる

✓ 洗顔は多くても1日2回まで

✓ 化粧水はコットンを使わず、ハンドプレスで刺激を与えない

✓ 化粧水はケチらず、たっぷり使うこと

これらを踏まえた上で正しいスキンケア方法を見ていきましょう。

間違ったケア方法に当てはまらなかった人も、きちんと正しく出来ているか、おさらいしておくと安心ですね!

正しいスキンケア方法をおさらいしよう!

スキンケアで注意するポイントを気を付けながら、正しいスキンケアを行っていきましょう。

今回は、毛穴ケアで最も重要なポイント「①クレンジング→②洗顔→③化粧水」この3つのケア方法をご説明していきますね。

クリームやゲル、乳液などを使う場合は、化粧水後に塗っていきましょう。

化粧水の効果を高める導入美容液は、化粧水の前に塗ることで、より効果が高まりますよ。

①クレンジングでメイクをきちんと落とす

step
1
クレンジング

【ゴシゴシ擦らずに優しく馴染ませていく】

  1. 手を洗い清潔にする
  2. マスカラやアイライナー、口紅などのポイントメイクは専用のリムーバーで先に落とす
  3. 皮脂の分泌が多いTゾーン→Uゾーンの順番にのせていく
  4. 最後に口元や目元部分へと伸ばして、中指と薬指で優しく馴染ませる
  5. ぬるま湯(32~34℃)で流し残しがないように十分にすすぐ(10回~20回程度)

②洗顔で肌の汚れやほこりなどを取り除く

step
2
洗顔

【シャワーは使わずにきちんと手ですくって洗い流す】

  1. 洗顔料を手に取り、専用ネットでしっかり泡を立てる(泡を立てるタイプの洗顔料の場合)
  2. 指が肌に触れないように泡を伸ばしていくようなイメージで肌全体に広げる
  3. 泡が残らないようにしっかりとそそぐ
  4. 清潔なタオルで優しく水気を取る

③化粧水でたっぷりと潤いを与える

step
3
化粧水

【化粧水はケチらないこと】

  1. 手の平からこぼれないほどの量を出して、両手で広げる
  2. 顔の中心から外側に向かって円を描くように広げる
  3. ハンドプレスで丁寧に馴染ませる(コットンは刺激となる可能性がある)
  4. ①~③をもう一度繰り返す(肌全体がたっぷり潤うまで続ける)

洗顔は夜のみでもOK。

朝は水洗いでも十分汚れを落とすことが出来ます。

洗顔やクレンジングのしすぎは乾燥の原因となることもあるので、多くても洗顔は1日2回、クレンジングは1日1回までにしましょう。

化粧水での保湿は、朝夜忘れずにケアしていきましょう。

デイケアにプラスするならビタミンC誘導体入りの美容液が効果的

毎日のスキンケアにプラスして、毛穴を徹底的にケアするならば、ビタミンC誘導体が配合されている美容液がおすすめです。

肌の万能薬とも言われる「ビタミンC誘導体」には、開いた毛穴を引き締める収れん作用や、黒ずみを防ぐ抗炎症作用過激な皮脂の分泌を防ぐ効果など、毛穴トラブルにアプローチする効果が沢山あるのです。

ビタミンC誘導体には様々な種類があり、下記の名称で表示されているものを選ぶと◎

✓ アスコルビルグルコシド

✓ リン酸アスコルビルMg・ン酸アスコルビル3Na

✓ パルミチン酸アスコルビル

✓ テトラヘキシルデカン酸アスコルビル

これらのビタミンC誘導体には肌の角質層にある「セラミド」を促進させる効果があるのも注目しておきたいポイント!

肌に水分を溜め込んでくれる役割を持つセラミドは、美肌の条件ともいえるふっくらとした透明感のある肌を作り出してくれているのです。

つまり、セラミド不足が改善されれば、毛穴が目立たなくなる肌になるというワケ。

すでに発生してしまった毛穴開きや黒ずみ、目立つ毛穴トラブルの対策には最適な美容成分なのですよ。

▼ビタミンC誘導体入り美容液「ビーグレン / Cセラム」

通常価格;4,700円(税抜)
初回限定トライアルセット:1,800円(税抜)

\美肌ウォーカー編集部も試しました!/

配合成分はとってもシンプル。

不必要なものはすべて取り除き、ビタミンC誘導体を高濃度に配合した美容液です。

ビーグレンの中でも1位に輝くほど、人気のアイテム。先ほどおすすめしたQusomeローションと合わせたスキンケアは、毛穴対策におすすめ◎

化粧水に続いて、高濃度のビタミンC誘導体入りの美容液がおすすめのビーグレン!

浸透テクノロジーを取り入れているサイエンスコスメだけあって、実際に試してからこそ感じられる浸透力と効果がおすすめの理由です。

ビーグレンQusomeローション(化粧水)、Cセラム(美容液)を含む、洗顔からクリームまですべてのラインを試すことが出来るお得なトライアルセットが用意されているところも魅力のひとつ◎。

まずは効果を試したい!そんな人でも挑戦しやすいお試しセットです。

▼ビーグレン毛穴ケアトライアルセット

1,800円(税抜)

ビーグレンの公式サイトで詳細を見る

毛穴トラブルは長期戦!繰り返す毛穴トラブルを改善する方法とは

次に、毛穴トラブルを根本的に改善する方法をご紹介していきます。

毛穴トラブルを抱えている人は「ピーリングや毛穴パックで綺麗になったのにまた元に戻ってしまった…」なんて経験はありませんか?

それは、一時的な効果にすぎないからです

それでは、毛穴の悩みを解決したことにはなりませんよね。

毛穴トラブルを根本的に改善するには、肌そのものから正常化していくことが必要となるのです。

では、肌そのものから生まれ変わるには、具体的にどのようなことが考えられるのでしょうか。

毛穴トラブルの根本的な原因は肌のターンオーバーが遅れていること

そもそも、毛穴トラブルが起きる原因のひとつして考えられるのは、肌のターンオーバーが正常に行われていないからです。

ターンオーバーとは、「表皮」「真皮」「皮下組織」から出来ているお肌の構造のうち「表皮」が生まれ変わることを言います。

その表皮の中でも4層に分けられ、一番下にある基底層から毎日細胞が生まれています。

細胞は角化しながら、肌表面へと押し上げられ、最後に角質層になって外に排出されます。

毛穴が異常を起こすのは、メイクや過激な皮脂、汚れなども考えられますが、一番の原因は“古い角質”が積み重なることです。

つまり、ターンオーバーが遅れてる傾向にある状態です。

もし、ピーリングや毛穴パックで肌表面の汚れが一時的に取り除かれても、表皮の生まれ変わりが行われなければ、古い角質は肌にくっつたままの状態となり毛穴を防ぐ角栓へと変化してしまいます。

しかし、注意しておきたいのが早すぎてもダメということ。

ターンオーバーが早すぎてしまうと、まだ未熟の細胞が肌表面へと押し上げられる訳ですから、外部の刺激から肌を守ることができず、乾燥の原因となってしいます。

つまり、毛穴トラブルの起きない肌作りをするには、ターンオーバーを早すぎず、遅すぎない、正常化する必要があるのです。

正常な肌のターンオーバーは28日周期!効果が表れるのには期間が必要

一時的なケアではなく、目立つ毛穴トラブルを徹底的に改善するには、肌のターンオーバーを正常化させることがカギとなります。

基底層から生まれた細胞が、有蕀層→顆粒層まで上がってくるまでに約14日間、角質層になって外に排出されるまで約14日間。
正常な肌のターンオーバーは約28日周期で行われます。

早くもなく、遅くもない、ターンオーバーの周期は約28日間です。

そのため、肌のターンオーバーを促進させるように働きかけても、効果が表れるのは早い人でも28日以降から。

美肌を育てる工程ともいえる肌のターンオーバーですが、ここでの効果は肌が綺麗になる訳ではありません。

肌のターンオーバーが正常化されて、お肌が綺麗になる効果を実感するには最低でも90日間ほどはかかってしまいます。

毛穴ケアで失敗してしまう人の中には、すぐに効果がないと諦めてしまう人も少なくはありません。

まずは、効果が表れるまで最低でも90日間は待つ!これが繰り返す毛穴トラブルの対策には必須といえるでしょう。

肌のターンオーバーを乱さない対策

では、お肌のターンオーバーを正常化させるにはどのような方法があるのでしょうか。

毛穴対策としてメジャーとなるピーリングも上手に行えば、肌のターンオーバーを促進させることが出来ます。

しかし、エステや美容整形でもピーリングはおすすめできますが、ホームケアでのピーリングは推薦してません

それは、今の肌の状態がターンオーバーが早いか、遅いか、素人で見極めることは非常に難しいからです。

間違ったピーリングを行うと、毛穴トラブルを悪化、もしくはボロボロの肌になってしまうことになるので、ホームケアとしてはあまりにもリスクが大きいのです。

そもそも肌のターンオーバーの最初の工程は「基底層」から細胞が作られることです。

基底層は、血液中の酸素や栄養素を受け取って、新しい細胞を生み出します。

つまり、このサイクルを乱さない対策を取ることが、ターンオーバーを正常化させることに繋がるのです。

✓ 肌の再生に必要な栄養素を取り入れる
→タンパク質やビタミン

✓ 体を冷やさない
→肌に栄養を運ぶ血液の巡りを良くする

✓ 質の良い睡眠をとる
→栄養が運ばれるのは睡眠中だから

ターンオーバーを乱さないための対策は、スキンケアでもなく日常生活にあるのです。

肌表面のスキンケアはもちろん、肌の内側から生まれ変わることが毛穴トラブルを徹底的に改善する秘訣です。

毛穴ケアに必要なことは意外と簡単!まずは90日間続けてみよう

毛穴トラブルを改善するには、様々なケアを取り入れなければならない…と思い込んでいる人も多いことでしょう。

ピーリング、パック、スキンケア、蒸しタオル…など、毛穴に効果的だと言われているケア方法をすべて取り入れるとなると、毎日続けていくには限界がありますよね。

しかし、意外にも毛穴トラブルに必要なことは、簡単なケアで解決します。

今回ご紹介したケア方法をまとめてみると…

洗顔→古い角質や肌の汚れを取り除いて肌を清潔に保つ

クレンジング→メイク残しがないように、落とす

化粧水→毛穴開きを防ぐ、開いた毛穴を目立たなくするための保湿ケア

肌の再生に必要な栄養素(タンパク質やビタミン)を取り入れる

体を冷やさないようにする

質の良い睡眠をとる

この6箇条を意識して、まずは効果が実感できるまで最低でも90日間続けてみて下さい。

毛穴レス肌も夢ではありませんよ♪

  • この記事を書いた人
ハナ

ハナ

幼少期からあるソバカスと乾燥肌に悩まされるものの面倒臭がりで20代前半まで放置する。 20代後半から徐々に危機感を持ち始め、35歳過ぎて急にシミや小じわが目立つようになりありとあらゆる化粧品を試しだす。 現在自分の肌に合った化粧品探しを追求するとともにエステにも通い始める。

-乾燥・保湿
-, ,

© 2021 美肌Walker