【画像付】ビーグレン(b.glen)のUVカット化粧下地「ヌーディーヴェール」を体験レビュー&口コミ検証

2020年5月22日

トライアルセット(7日間)でも効果を実感することが出来る!

と口コミで人気を集めているスキンケアブランド「b.glen(ビーグレン)」

アメリカの医学者が開発した浸透カプセル“Qusome(キューソーム)”を活かしたスキンケアだけあって、驚きの浸透力と即効性が話題となりました。

今回は、そんなビーグレンから新しく発売されたメイクアップアイテム「ヌーディーヴェール」を体験レポート

最新のテクノロジーを活かしたサイエンスコスメから誕生した化粧下地の効果を実際に試してみました。

▼ ビーグレン ヌーディーヴェール (UVカット化粧下地) 4,900円+税

ビーグレン ヌーディーヴェールを実際に試してみました

▼ ヌーディヴェールを使用したファンデーションの仕上がりを比較

こちらは、美肌ウォーカー編集部が実際に試した画像です。

ファンデーションのみの仕上がりと、ビーグレンヌーディーヴェールを使用した場合のファンデーションの仕上がりを比較。

同じルースパウダーファンデーションを使ったとは思えない、驚くべき違いを実感することが出来ました。

愛用している手持ちのファンデーションをワンランクアップさせてくれる化粧下地としておすすめしたいアイテム◎

ベースメイクは、化粧下地で整えることが重要なポイントだと改めて実感できたビーグレンヌーディーヴェールとは、一体どんなものか?

詳しくご紹介していきたいと思います。

ビーグレン ヌーディーヴェールとは

ベースメイクの最初の工程は、化粧下地です。

つまり、素肌に一番密接するもの。

化粧下地もスキンケアの延長線と考えて作られたこの「ビーグレンのヌーディーヴェール」は、分厚くカバーするのではなく、

肌そのものにハリやツヤを与えて目立ちにくくする、スキンケア効果を持つことがポイント!

「メイク=肌に負担がかかる」イメージをがらっと変えてくれる魅力的なアイテムですよね。

他にも主に下記のような特徴があります。

✔ 紫外線カット効果「SPF25 PA+++」
✔ コラーゲン・ヒアルロン酸が肌にハリやうるおいを与えてシワや毛穴の凸凹を目立ちにくくする
✔ 光をコントロールするブライトニング効果でシミやくすみをカバー
✔ ストレッチヴェール効果で肌にピッタリフィット
✔ 厚塗り感のないナチュラルな薄付き

特徴だけ見ても、今までの下地とは違った機能性を持っていることが分かります。

では実際に購入した人は、どのように感じているのでしょうか?

口コミから見えてくるビーグレンヌーディーヴェールの特徴をチェックしていきましょう!


ビーグレンの公式サイトで詳細をみる

体験者の口コミで評判チェック

【30代前半 / 普通肌】評価★★★★★★
■ 素肌が綺麗になるスキンケア下地としてはおすすめです◎

ふわふわしたムース状のテクスチャーで、つけ心地がとても軽いです。

シミを隠すほどのカバー力があるという訳ではありませんが、素肌そのものが活かされる感じ。

以前、肌に良いものをと思い、ミネラルファンデーションを購入しましたがカバー力が足りず…。

下地をスキンケア効果のあるこちらに変えて、パウダーファンデーションを上から載せると良い感じに仕上がります。

下地としての評価はまぁまぁですが、これを使い初めてから素肌がきれいになった?ように感じています。スキンケア下地としてはおすすめ◎

【20代後半 / 脂性肌】評価★★★★★★★★
■ 伸びが良いので、かれこれ1本で半年弱ほど持ちました。

1年以上リピートしています。

初めは、値段のわりに小さい…と思ってしまいましたが、伸びが良いので、かれこれ1本で半年弱ほど持ちました。

毛穴目立ちと皮脂による化粧崩れが激しいのですが、どうしても毛穴系の下地を使うとニキビが出来てしまっていました

でも、これは毛穴に埋まることもなく肌トラブルもありません。

むしろ肌の調子もすこぶる良い。

1日中のメイクで崩れないという訳ではありませんが、他のものと比べて夕方のテカリも少ないです。

確かにカバー力がある訳ではありませんが、ファンデーション単品で使うよりはメイクも綺麗に仕上がりますし、

何より化粧崩れ防止対策としてオススメだと思います。

【40代前半 / 感想肌】評価★★★★★★★
■ さすがビーグレン。時間が経っても乾燥しません。

1本使い終えた後、他の下地を使った時に改めて気づきました!

仕上がりは、特別に良いという訳ではありませんが、化粧直しの回数が確実に減りました。

ファンデとの相性も良いですし、下地をつけているのか不安になるほど軽い着け心地なので、肌呼吸をしている感じがあります

エアリー感のある下地って、サラサラしていて乾燥するイメージでしたが、さすがビーグレン。

時間が経っても乾燥しません。

毛穴落ちやドロドロに化粧崩れをすることもなく、だんだんと肌に馴染み、素肌に戻るように綺麗に崩れます。

下地だけでこんなに変わるんだ、と感じたお気に入りのアイテムです。

【40代前半 / 敏感肌】評価★★★★★★★
■ UVカット機能も付いているので、化粧下地はこれ1本だけ。

手に出してみると固めのムースのようなテクスチャー。

伸びが悪そう…という心配をよそに、実際に肌にのせてみるとスーッと滑らかに伸びてくれます。

UVカット機能も付いているので、化粧下地はこれ1本だけ。

ちょっとした外出時には、これだけでも充分です。すっぴんでも肌が綺麗にみえる。

この年齢になると、隠したい肌悩みも増える一方で、ベースメイクも厚塗りになりがちでしたが、

あえて素肌に近い薄付きにすることで、シワやくすみを目立たなくすることが出来るんだなーと感じました

ちなみに、ヌーディーヴェールの後は、パウダーをで仕上げています。

【30代前半 / 混合肌】評価★★★★★★★
■ 今まで無縁だった“素肌が綺麗にみえるような艶肌”仕上がりが叶います

ビーグレンのスキンケアを使ってみて、すごく良かったので、気になっていたビーグレンのUVカット化粧下地も合わせて購入しました。

カバー力が高く、化粧崩れがしにくい、重めのクリームタイプのファンデを使っていたので、

初めはカバー力の物足りなさに失敗した…と感じてしまいました。

しかし、しばらく使い続けてみると、この下地の優秀さを改めて実感!

肌の調子が良くなったせいか無駄にカバーする必要もなくなり、

今まで無縁だった“素肌が綺麗にみえるような艶肌”仕上がりが叶います

仕上がり重視ではなく、肌に良いものを使うことが何よりのカバー力だと、もっと早く気づいてればよかった…(笑)

口コミ・評判から見えてくること

良い口コミ

・素肌がキレイにみえるような薄付き
・肌の調子が良くなり、無駄にカバーする必要がなくなった
・厚塗り感がでない
・化粧直しの回数が確実に減った
・毛穴に詰まりにくい
・サラサラした仕上がりなのに、乾燥が気にならない

× 悪い口コミ

・カバー力に物足りなさを感じる

口コミでも多かったのは、毛穴落ちや皮脂によるテカリによる化粧崩れしやすい肌質の人でも、化粧直しの回数が減ったと感じているということ。

よく発売されている化粧崩れを防ぐ下地は、毛穴に詰まりやすい、または重たく肌に負担がかかるイメージがありますが、

肌に負担の少ない、むしろメイクしていることを忘れてしまいそうになる軽い着け心地の下地”なのにもかかわらず、化粧崩れしにくいというのは驚きですよね。

また、毛穴やシミ、くすみをナチュラルにカバーして素肌そのものを綺麗にみせてくれる仕上がりが高評価

カバー力に物足りなさを感じる人もいましたが、肌表面でカバーするのではなく、肌そのものに潤いを与える保湿成分がハリ・ツヤのある肌へと導くことで、無駄にカバーする必要がなったという口コミはとても魅力的に感じました。

ビーグレン ヌーディーヴェールを体験レビュー

販売価格:4,700円(税抜) 送料無料

※365日間返金保証付き
※1点からでも全国どこでも送料無料

ビーグレンの購入先は、公式サイトがおすすめ◎

すべての商品に365日間返金保証が付いているので、初めての方でも挑戦しやすくなっています。

自信があるからこその長期保証なんだと、感じます

また、1点からでも送料無料となっているので、通販でも気軽に注文しやすいところもポイント☆

今回、ドレッサーでも公式サイトから購入することにしました!


ビーグレンの公式サイトで詳細をみる

ビーグレン ヌーディーヴェールの気になる使用感は?

早速、ビーグレンヌーディーヴェールを実際に試していきたいと思います。

サイズ感は、手の平に丁度収まるサイズです。

確かに、これで4,700円となると、有名コスメブランドと変わらないほど…。

スキンケアラインから見ると、妥当なお値段と捉えられますが、下地としては決して安いわけではありませんね。

まずは、テクスチャーを手の甲に出してみます。

おー!今まで試したことのない初めての質感です!

口コミ通りふんわりとしたムースのようなテクスチャーです。

写真で分かりやすいように多めに出していますが、ややしっかめにチューブを押さないとここまでの量は出ません。

柔らかいテクスチャーだと、うっかり多めに出しちゃった…なんてことも多く、これならドバっとでることがないので無駄にすること心配もなさそうです。

そのまま伸ばしてみると…

見た目からは想像できないほど、テクスチャーは軽く、スルスルと伸びてくれました

伸びが良いので、少量でも肌全体に馴染んでくれそうです♪

口コミでは、1本で半年弱持った!なんて人も。コストパフィーマンスも◎

すっぴんと比較!ビーグレン ヌーディーヴェールの仕上がり

▼ ビフォー&アフター

現在の私の肌悩みは、赤みとニキビ跡です。

実際に肌へとのせてみると、色ムラがなく、均一に赤みをカバーしてくれました!

確かに、ニキビ跡は完全にカバーできていないものの、肌表面の凸凹をふんわりとカバーしてくれるので目立ちにくさは◎

素肌がキレイにみえる仕上がりってこーいうことなんだ!と実感しました。

ファンデーションだけ塗ってすっぴんで外出するときって、血色がなくなって、逆に不自然に見えたりすることってありませんか?

ビーグレンのヌーディーヴェールは、ごく自然に粗をカバーしてくれるので、すっぴんでも違和感のない素肌を活かしてくれる化粧下地です。

カバー力は驚くほどではないのに、ここまで綺麗な肌を演出してくれるなんて…不思議な感じです。

ビーグレン ヌーディーヴェールを使用したファンデーションの仕上がりを比較

▼ 下地あり・なしのファンデーションの仕上がり

今回は、ルースタイプのファンデーションを使用。

ビーグレンのヌーディーヴェール使用後にファンデーションを塗った仕上がりと、ファンデーションのみの仕上がりで比較してみました。

ファンデーションを塗ってみると、さらに違いが分かりますね。

同じファンデーションを使ったとは思えないほど…(笑)。

肌の表面が滑らかにしてくれているので、ファンデーションのノリも良く、肌の内側から潤いのあるような透明感が出ています。

ベースメイクは、ファンデーションに重点をおいてしまいがちですが、いかに化粧下地で整えておくか、が一番重要なポイントだと改めて気づかされました。

美肌ウォーカー編集部の総合評価

ビーグレンの公式サイトで詳細をみる

★ビーグレン ヌーディーヴェールを使ってみた感想

Goodポイント

  • 素肌がキレイに見えるような薄付き
  • 肌の調子が良くなり、無駄にカバーする必要がなくなった
  • 厚塗り感が出ない
  • 化粧直しの回数が確実に減った
  • 毛穴に詰まりにくい

Badポイント

  • カバー力に物足りなさを感じる

※口コミ参照

最新のテクノロジーを取り入れたサイエンスコスメの「ビーグレン」。

初めてビーグレンのコスメアイテムを試しましたが、他の化粧品とは一味違った新鮮な驚きがありました。

素肌がキレイにみえる化粧下地としてはピカイチ。

完全に隠し切れるほどのカバー力はないのに、肌が綺麗にみえる、と感じたのは初めてです。

さらに魅力的なのは、時間が経つほど肌と一体化するように馴染んでいくというところ

スキンケアラインに続き、期待を裏切らないですね~、さすがです。

皮脂コントロール系の下地って、サラサラとした質感で乾燥しやすいイメージがあったのですが、これは保湿力があります。

嫌なベタつき感がないのに、肌はしっとりしているので乾燥肌でもおすすめ◎

ただ、クリームタイプやリキッドタイプのファンデーションを使用する場合は、下地を塗った後しばらく時間を置いた方が良いかも。

今回試したルースパウダーとの相性はバツグンでした。

ビーグレンの公式サイトでチェック✔

ビーグレンヌーディーヴェールは、楽天市場やAmazonにも取り扱いがありましたが、公式サイトでの注文が一番お安くなっています

ちなみに、ビーグレンは店舗販売を行っていないため、通販サイトでしか手に入りません。

購入先 価格 送料 保証
楽天市場 5,616円 送料600円
amazon 5,760円 送料無料
★公式通販サイト 5,076円 送料無料 365日間返金保証

(※税込価格を表示しています)

ビーグレンの公式サイトでは、初めての方でも安心の“365日の返金保証付き”です。

もちろん、送料も無料

ビーグレンのヌーディーヴェールは、ぜひ公式サイトで詳細をチェックしてみてくださいね。

スキンケアだけでなく、新しく登場したコスメアイテムも優秀なビーグレン。

化粧下地を1つ変えるだけで、ベースメイクのクオリティをアップさせてくれるアイテムです♪

毎日のスキンケアに頼るだけでなく、肌に直接触れるものから、サイエンスコスメを取り入れてみてはいかがですか♪


ビーグレンの公式サイトで詳細をみる

  • この記事を書いた人
ハナ

ハナ

幼少期からあるソバカスと乾燥肌に悩まされるものの面倒臭がりで20代前半まで放置する。 20代後半から徐々に危機感を持ち始め、35歳過ぎて急にシミや小じわが目立つようになりありとあらゆる化粧品を試しだす。 現在自分の肌に合った化粧品探しを追求するとともにエステにも通い始める。

-メイク
-, ,

© 2021 美肌Walker